クレンズキャンプは副作用が危険じゃない?妊娠中・授乳中でも大丈夫?

クレンズキャンプ

クレンズキャンプはすごく人気ですが、
「副作用の危険性は?」
「妊娠中・授乳中なんだけど、飲んでもいいの?」
などの疑問がある方も多いと思います。

この記事では、クレンズキャンプの副作用や「妊娠中・授乳中に飲んでもいいのか?」などについてご紹介しますね。

↓↓一番お得に購入できる公式サイトはこちらです↓↓




クレンズキャンプは副作用の危険性はないの?

丸マーク

最初に結論を書いておくと、クレンズキャンプは副作用を気にせず、安心して飲めると言えそうです。

理由は、適量であれば注意すべき成分は含まれていないからです。

実際、たくさんの方々の口コミを確認してみましたが、「副作用・体への悪い影響を感じた」という口コミは見当たりませんでした。

ただし、
  • かならず適量を守る(置き換えるのは1日1食のみ)
  • アレルギー
には注意する必要があります。

一つずつご紹介しますね。

かならず適量を守る

クレンズキャンプに置き換えれば、普通に食事するよりも摂取カロリーを大きく抑えられます。

でも、置き換えるのは1日1食だけにしましょう

理由は、クレンズキャンプには難消化性デキストリンという成分も配合されているからです。

難消化性デキストリンは食物繊維の一つで、ダイエットにうれしい効果を期待できる成分です。

でも過剰摂取すると、体質や体調によってはお腹がゆるくなる可能性があります。

過剰摂取にならないように、かならず適量を守りましょう。

また、「1日1食しか置き換えていないのに、いつもお腹が緩い……」という場合は、体質に合っていない可能性があります。

その場合は、1回に飲む量を減らして様子を見ましょう。

アレルギー

クレンズキャンプには、たとえばリンゴ・大豆・小麦など、アレルギーにつながる原材料が使われています。

アレルギーが心配な方は、事前に原材料・全成分をよく確認しましょう。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ

妊娠中・授乳中でも大丈夫?

妊娠初期の方

バツマーク

妊娠初期の方の場合は、クレンズキャンプは控えた方が安心です。

理由は、クレンズキャンプはビタミンAが豊富だからです。

妊娠初期にビタミンAの過剰摂取がつづいた場合、赤ちゃんに先天性の異常があらわれる可能性があるといわれています。

そのためクレンズキャンプに限らず、ビタミンAが豊富な商品は控えた方が安心です。

ただし妊娠中の方にとって、ビタミンAも必要な栄養素です。
また、ビタミンAの不足状態がつづいた場合も、赤ちゃんに先天性の異常があらわれる可能性があるといわれています。

なので、ビタミンAは普通の食事から過不足なく摂るようにしましょう。

授乳中の方

丸マーク

授乳中の方の場合は、安心して飲めます

理由は、授乳中の方が注意すべき成分は含まれていないからです。

でも授乳中は、体の調子がいつもとぜんぜん違いますよね。

そのため、事前に専門医に相談された方が安心だと思います。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ

カロリーは?

クレンズキャンプ1回分のカロリーは、20kcal未満です。

たとえば普通の食事だと、カロリーは↓のようになっています。
  • 食パン1枚(6枚切り):177kcal程度
  • プレーンヨーグルト(120g):74kcal程度
  • バナナ(1本140g):72kcal程度
  • ご飯(茶碗一杯140g):235kcal程度

朝食を置き換えるだけでも、摂取カロリーを大きく抑えられますね。

飲み方・飲むタイミングは?どの食事を置き換えるのが効果的?

ナイフとフォーク

クレンズキャンプは
  • 置き換えるのは1日1食だけ
  • ほかの2食は何を食べてもOK
というのが魅力です。

どの食事を置き換えてもOKですが、高カロリーになりやすい夕食を置き換えるのが一番効果的です。

でも夕食を置き換えるのって、大変ですよね。

いくらクレンズキャンプにはグルコマンナンも入っていて空腹を感じにくいといっても、お腹が空いていると眠れなかったりしますし……。

そのため↓を参考にして、ご自身にあったタイミングでの置き換えされるのをおすすめします。
空腹感は我慢するから、短期間で大きく痩せたい方:夕食を置き換え
空腹感をなるべく感じないで痩せたい:朝食を置き換え
オヤツの量が多くなりがち:オヤツを置き換え

朝食の置き換えなら、昼食や夕食よりは楽だと感じる方が多いと思います。

また、オヤツの量が多い方の場合、オヤツを置き換えるだけでも摂取カロリーを大きく抑えられます。

まとめ

以上、クレンズキャンプの副作用などについての情報をご紹介しました。

 

クレンズキャンプは、過剰摂取とアレルギーに気をつければ、安心して飲めるといえそうです。

 

ただし妊娠初期の方の場合は、ビタミンAの過剰摂取につながる可能性があるので、慎重に検討された方が安心だと思います。

 

授乳中の方の場合は、注意すべき成分は含まれていないので問題なく飲めますが、授乳中って体の調子が普段とぜんぜん違いますよね。
なので、専門医に相談してから検討された方がよいと思います。

 

詳細・ご購入はこちらからどうぞ